【不動産ニュース】東京主要5区の空室率、わずかに上昇し6.95%|R.E.port

2022年3月10日 09時18分
no image
 ビルディンググループは9日、2022年2月の全国6大都市圏(東京、名古屋、大阪、福岡、札幌、仙台)の主要エリアにおけるオフィスビル市況調査の結果を発表した。調査対象は、空室率が基準階面積100坪以上の事務所ビル。推定成約賃料は、同100~300坪の事務所ビルの空室1坪当たりの単価(共益費込み、税別)。  東京主要5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)の平均空室率は6.95%(前月比0.05ポイント上昇)。前月4ヵ月ぶりに6%台となり、当月はわずかに上昇したものの6%台を維持した。オフィスの縮小・集約による二次空室が目立つ。1坪当たりの推定成約賃料は2万2,116万円(同25円上...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン