【不動産ニュース】「東京ミッドタウン八重洲」に国内最大級のバスターミナル|R.E.port

2022年3月17日 09時17分
no image
 三井不動産(株)は15日、八重洲二丁目北地区市街地再開発組合の一員として推進する「東京ミッドタウン八重洲」(東京都中央区)を、地下1・2階に位置する国内最大級のバスターミナル開業に合わせて、9月17日に先行オープンすると発表した。グランドオープンは2023年3月の予定。  東京駅前(八重洲口)で進行している3件の第一種市街地再開発事業の一つ。区域面積約1.5ha、同施設(A-1街区)は、敷地面積1万2,390平方メートル、地上45階地下4階建て、延床面積約28万3,900平方メートル。39~45階は「ブルガリホテル東京」に、7~38階は東京駅周辺で最大級の基準階専有面積約4,000平方...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン