【不動産ニュース】ハイグレードなオフィスへ拠点集約進み、空室率二極化|R.E.port

2022年3月22日 09時11分
no image
 JLLは17日、オンラインセミナー「不動産のプロが解説 2022年の不動産マーケット動向を読み解く」を開催。同社リサーチ事業部の谷口 学氏が、オフィスと物流施設を中心にマーケットを分析した。  日本の経済状況について、GDPをもとに説明。20年第2四半期に初めて発令されて以降、こうした措置がとられるごとに実質GDP成長率は一時的な低下を繰り返しているものの、年間での成長率は20年のマイナス4.5%から21年はプラス1.7%に回復。22年はプラス2.8%へとさらに回復する見込みを示した。  アセットごとの賃料の傾向については、21年第4四半期時点で、東京のオフィスは下落加速、リテー...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン