【不動産ニュース】大和ハ「IoT×ZEH-M」賃貸住宅開発に向け実証実験|R.E.port

2022年3月22日 09時14分
no image
 大和ハウス工業(株)は17日、大和リビング(株)、(株)エナジーゲートウェイ、インフォメティス(株)と共同で、賃貸住宅の一部入居者を対象とした節電の実証実験を開始した。  実験は、入居者の節電協力による消費電力の削減効果を測定することが目的。大和ハウスグループのゼロエネルギーを達成する新しいまちづくり「コReカラ・シティプロジェクト」を実現するための提案第1弾となる。  対象者は大和リビングが管理する賃貸住宅のうち、全国の「IoT D-room」(タブレットや音声で家電操作ができる賃貸住宅)でIoT電力プランを契約する入居者(約2万5,000世帯)。電力ひっ迫時の前に節電を依頼し...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン