【不動産ニュース】小田急電鉄 「下北線路街」が全面開業|R.E.port

2022年5月30日 09時21分
no image
 小田急電鉄(株)は、下北沢駅南西口改札前の最終開発エリア「NANSEI PLUS」の完成をもって、開発を推進してきた「下北線路街」を28日に全面開業する。  下北線路街は、小田急線「東北沢」駅~「世田谷代田」駅の地下化に伴ってできた全長約1.7km・敷地面積約2万7,500平方メートルの線路跡地を開発するプロジェクト。2016年開業のテラスハウス「リージア代田テラス」(総戸数10戸)を皮切りに、個人商店を集積させた「BONUS TRACK」、居住型教育施設「SHIMOKITA COLLEGE(シモキタカレッジ)」(総室数102室)など、全13施設の開発を進めてきた。総投資額は約90億円...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン