【特別コラム】「東京競売ウォッチ」浅草の件外建物ありの商業地が一番人気!!|山田純男(ワイズ不動産投資顧問 代表取締役)

2022年6月2日 07時30分
no image
【2022年5月19日開札】 ・対象   39物件 ・入札   39物件 ・落札率  100.00% ・総入札  499本  競売対象の土地に敷地利用権の無い建物が存在する場合がある。この建物を「件外建物」と言われる。その競売対象の土地を競落した者はこの件外建物を競落後、件外建物所有者に取り壊し(収去)し土地を明け渡すよう求めることができる。ただし、この場合競売の建物占有者に対し行える「引渡命令」をもって強制執行することはできない。任意での明渡し交渉が成立しなければ建物収去、土地明渡訴訟を提起する必要がある。    5月19日開札では台東区浅草3丁目に立地する件外建物...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン