【不動産ニュース】 京急電鉄、北品川の長屋再生プロジェクトが完成|R.E.port

2022年6月6日 09時04分
no image
 京浜急行電鉄(株)は、コミュニティ拠点「SHINAGAWA1930」(東京都品川区)を完成した。  京急線「北品川」駅から徒歩4分の立地。沿線活性化を目的に、延床面積約457.33平方メートル、5軒からなる築90年の木造2階建ての長屋を、地域交流拠点にリノベーションするプロジェクト。2021年1月にソーシャルカフェ「PORTO」、同年5月に日本酒の古酒・熟成酒を専門に取り扱う「いにしえ酒店」、同年6月に子供と一緒に利用できるコワーキングスペース「ママプラスカフェ」がオープン。今回、木造住宅におけるBIMの運用を行なう(株)MAKE HOUSEが2軒に入居したことで、全体完成となった(関...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン