【不動産ニュース】 NOI率調査が不動産学会「学会長賞」を受賞|R.E.port

2022年6月21日 09時12分
no image
(一社)IREM JAPANは17日、同団体が行なっている「全国賃貸住宅実態(NOI率)調査」が(公財)日本不動産学会業績賞の「学会長賞」を受賞したと発表した。  同調査は、同団体が(公財)日本賃貸住宅管理協会と(株)LIFULLの協力を得て実施しているもの。全国の賃貸管理会社に対して、満室賃料・運営費・空室損失額の実データをヒアリングし、1年間の賃貸住宅の経営結果を算出する。物件の営業純利益(NOI)を算出し、地域別・物件タイプ別などで集計・分析することで、物件管理優劣のベンチマークとして活用できる。  今回の受賞に際して、日本不動産学会からは「営業純利益を事業用不動産の収益力指...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン