【不動産ニュース】三井不他 横浜市旧市庁舎の再開発PJ、着工|R.E.port

2022年7月13日 09時18分
no image
 三井不動産(株)ら8社(※)は12日、共同で推進している「横浜市旧市庁舎街区活用事業」(横浜市中区)の着工を発表した。  JR根岸線「関内」駅徒歩1分、横浜市営地下鉄ブルーライン「関内」駅徒歩1分、横浜高速鉄道みなとみらい線「日本大通り」駅徒歩7分に位置。敷地面積約1万6,500平方メートル、延床面積約12万8,500平方メートルの大規模複合施設開発プロジェクト。横浜市旧市庁舎行政棟を保存・活用したホテル・商業施設、オフィス・大学等を有するタワー棟、ライブビューイング施設等を開発する。  8階建ての旧市庁舎行政棟は、都市観光ホテル「OMO7横浜 by 星野リゾート(仮称)」に再生...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン