【不動産ニュース】東京・武蔵小山駅前に大規模高層住宅/地所レジ他|R.E.port

2022年8月2日 10時22分
no image
 三菱地所レジデンス(株)、日鉄興和不動産(株)、(株)大林組は1日、推進する「小山三丁目第1地区第一種市街地再開発事業」(東京都品川区)の計画概要を発表した。  同事業は7月8日に品川区より都市計画決定が告示された。事業区域は、東急目黒線「武蔵小山」駅の南東側、パルム商店街の入口に面した約1.4ha。高経年マンションや老朽化した木造住宅が密集し、商店街アーケードも老朽化等の課題を抱えているエリアで、その解決に向け、建物の耐震性強化、まちの防災性向上、商業機能の継承と強化、歩きやすい道路整備などを目指す。  開発する建物の敷地面積は約1万1,280平方メートル、延床面積約12万7,...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン