【不動産ニュース】 8割超が「ハザードマップ」のチェックを推奨|R.E.port

2022年8月24日 09時00分
no image
 アットホーム(株)は23日、「不動産のプロが選ぶ!『地震に備えるためにチェックすべき物件情報』ランキング」を発表した。全国のアットホーム加盟店1,016店にインターネットでアンケートを実施した。調査期間は7月15~22日。  ここ3年の防災を意識した住まい探しについては、42.2%が「増えたと思う」と回答。「地震に備えるためにチェックすべき物件情報」については、「ハザードマップ(災害予測範囲、避難所など)」(86.0%)が第1位に。不動産会社からは「住む建物の立地(川が近い、斜面が近いなど)と避難所は確認しておいたほうが良い」「勤務先や子供たちの登下校ルートも確認し、いざというときに避...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン