【不動産ニュース】三鬼商事 8月の都心5区ビル空室率は反転上昇|R.E.port

2022年9月9日 09時26分
no image
 三鬼商事(株)は8日、2022年8月の全国主要都市のオフィスビル最新市況調査結果を発表した。  東京ビジネス地区(都心5区:千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)の平均空室率は6.49%(前月比0.12ポイント上昇)と反転上昇した。解約の影響が少なかったものの、大型成約の動きも見られなかったこと、新規供給の影響で東京ビジネス地区全体の空室面積は、約1万1,000坪増加した。  新築ビルの空室率は、5棟が募集面積を残して竣工した影響で42.12%(同3.40ポイント上昇)となった。既存ビルは、統合や集約に伴う中小規模の成約があったため、6.07%(同0.08ポイント下落)だった。...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン