【不動産ニュース】 売却数減で、マンション用地価格は全国で上昇傾向|R.E.port

2022年9月16日 09時05分
no image
 大和ハウス工業(株)は15日、2022年度上期(4~9月)における、全国の分譲マンションの販売動向や用地仕入れ環境などについて説明した。  首都圏の分譲マンションの販売動向は、都心部および郊外ともに実需目的で安定的に推移した。近畿圏も、都市部における販売進捗は比較的安定しており、より利便性と資産性を求める傾向が高まっている。地方圏は、駅直結や商業、病院などを併設した再開発・複合開発による「コンパクトシティ」への期待や関心が高く、販売も進捗した。  首都圏のマンション用地価格は、前回発表時(21年3月)からマンション適地の供給が少ないことなどを要因として上昇。建築費の高騰により、土...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン