【不動産ニュース】東急 郊外住宅地で自動運転サービスの実証実験|R.E.port

2022年9月16日 09時11分
no image
 東急(株)、東急バス(株)は14日、13日に開始した多摩田園都市エリアのすすき野地区(横浜市青葉区)での自動運転モビリティの実証実験において、メディア向けに自動運転車両の試乗会を開催した。  近年、多摩田園都市エリアなどの郊外住宅地では住民の高齢化が進行している。すすき野地区は、東急田園都市線「たまプラーザ」駅、「あざみ野」駅より約4km離れた横浜市北部に位置し、地区の大部分には(独)都市再生機構(UR)が建設した「すすき野団地」が所在する。住民の大半はバスを利用して両駅に向かうが、周辺は起伏の多い丘陵地帯であるため、高齢者にとっては移動にかなりの負担がかかっていた。  そこで今...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン