【不動産ニュース】 基準地価、全国の住宅地が31年ぶりに上昇|R.E.port

2022年9月21日 09時30分
no image
 国土交通省は20日、令和4年度都道府県地価調査(7月1日時点)を発表した。調査地点は2万1,444地点。  地価の平均変動率は、全国の全用途平均が0.3%上昇(前回調査:0.4%下落)と、3年ぶりに上昇に転じた。  住宅地は0.1%上昇(同:0.5%下落)となり、31年ぶりに上昇に転じた。都市中心部や生活利便性に優れた地域の住宅需要は堅調であり、低金利環境の継続や住宅取得支援施策等が需要を下支えしている。また生活スタイルの変化により需要者のニーズが多様化、上昇がみられた地域の範囲も拡大している。  商業地は0.5%上昇(同:0.5%下落)と3年ぶりに上昇した。個人消費が持ち直し...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン