【不動産ニュース】杉並区の複合施設の指定管理者に/東急コミュ|R.E.port

2022年9月27日 10時06分
no image
 (株)東急コミュニティーはこのほど、「杉並区立社会教育センターおよび高円寺地域区民センター複合施設(愛称:セシオン杉並)」(東京都杉並区)の指定管理者業務を受託したと発表した。(株)東急文化村と協和産業(株)と連携しての事業。  セシオン杉並は1989年の開設。施設内には収容人数503名のホールのほか、集会室、和室、展示室、体育室などの施設を有している。築30年以上が経過したことから、杉並区が2021年12月より大規模改修を実施し、改修後の施設の管理・運営について指定管理者制度の導入を決定。応募のあった8団体の中から、東急コミュニティー、東急文化村、協和産業共同事業体が指定管理者に選定...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン