【不動産ニュース】 野村不が参画 石神井公園駅南口の再開発組合設立|R.E.port

2022年10月18日 09時22分
no image
 野村不動産(株)は17日、地権者と推進してきた「石神井公園駅南口西地区第一種市街地再開発事業」における再開発組合の設立を発表した。同社は参加組合員として事業に参画する。  西武池袋線「石神井公園」駅徒歩1分に位置。施行区域面積は約0.6ha。北街区(約2,150平方メートル)に延床面積約3万1,260平方メートル、地下2階地上26階建て・約210戸、南街区(約400平方メートル)に延床面積約2,800平方メートル、地上9階建て・約20戸の住宅・商業・公益施設・事務所を建設する。  併せて、安全で快適な歩行者空間の形成を図るため、歩車分離のための歩道状空地や建築物を通り抜ける通路、...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン