【不動産ニュース】三井不、脱炭素に特化したVCファンドへ出資|R.E.port

2022年11月10日 09時09分
no image
 三井不動産(株)は、脱炭素に特化した海外のベンチャーキャピタル(VC)が組成するファンドへの出資を決定した。  2050年のカーボンニュートラル社会実現に向けたグループ行動計画の実行にあたり、ベンチャー共創事業部(以下、31VENTURES)にて、脱炭素に関する技術革新の動向把握、および脱炭素関連のスタートアップの発掘と共創を目的とした、当該分野に強みを有するVCの組成するファンドへの戦略的LP出資予算を新たに策定したことによるもの。  今回は、「Emerald Technology Ventures」(スイス)、「Energy Impact Partners」(米国・イギリス)...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン