【不動産ニュース】リバブル他、クラックのAI診断システムを外販へ|R.E.port

2022年11月10日 09時12分
no image
 東急リバブル(株)は9日、同社とジャパンホームシールド(株)(JHS)、(株)Ristが共同開発した既存住宅の外壁クラック診断システムが特許を取得したと発表した。  同システムは、既存住宅の外壁クラックを一定の距離からアプリケーションを搭載したスマートフォンで撮影すると、ディープラーニング技術を実装したAIアプリが画像を解析し、クラックの最大幅を特定できる。従来はクラックに専用定規を当て、目視検査することが一般的だったが、同システムを使用すれば、検査員の負担を軽減しながら、より短時間で目視・手作業に比べて精緻な検査結果を顧客に提供できる。  JHSの建物検査で試験導入した結果、問...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン