【不動産ニュース】大和リース 大阪の病院跡地に複合商業施設|R.E.port

2022年11月28日 09時08分
no image
 大和リース(株)は24日、複合商業施設「フレスポ(Frespo)阿波座」(大阪市西区)を、12月1日にオープンすると発表した。  同社は2021年5月に日本生命保険相互会社と土地賃貸借契約を締結。日生病院跡地に「健康・医療」をテーマにした複合商業施設を開発し、スーパーマーケット、ドラッグストア、クリニックなど13テナントを誘致した。  大阪メトロ中央線・千日前線「阿波座」駅徒歩3分に立地。敷地面積6,115.30平方メートル、鉄骨造地上3階建て。延床面積9,625.17平方メートル。  同施設は、太陽光発電(65.7kW)を採用し、植栽を多く配した癒し空間を設けるなど、環境負荷...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン