【不動産ニュース】地所他、丸の内の廃食用油を航空燃料SAF等へ|R.E.port

2022年11月30日 09時00分
no image
 三菱地所(株)はこのほど、日揮ホールディングス(株)、(株)レボインターナショナルと丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)の飲食店舗等にて使用された食用油を、持続可能な航空燃料であるSAF(Sustainable Aviation Fuel)等へ再利用する事業に関して、相互に協力する基本合意書を締結した。三菱地所の資源循環に着目した廃棄物再利用率100%に向けた取り組みである「サーキュラーシティ丸の内」の第3弾。同事業へ総合不動産会社が参画するのは初。  SAFとは、化石燃料以外を原料とする持続可能な航空燃料で、原料が100%廃食用油の場合、原料収集からSAFの製造・燃焼までのバリュー...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン