【不動産ニュース】千葉・新松戸駅前で住宅・商業の複合開発|R.E.port

2022年12月21日 09時22分
no image
 三菱地所レジデンス(株)、ミサワホーム(株)、東京建物(株)は20日、千葉県松戸市が施行する「新松戸駅東側地区土地区画整理事業」(以下、同事業)において、立体換地建築物保留床の取得等に関する協定を締結したと発表。  同事業の施行面積は約2.6ha。同エリアでは、狭隘道路の解消や駅前広場等の整備、交通結節機能の強化等による質の高い空間づくりや地区北側の斜面緑地の安全対策などによる災害に強いまちづくりが進行している。同事業において、3社が事業地内における住宅・商業部分の保留床を取得・開発。住宅を中心に、商業施設、医療モール、子育て機能、教育・文化機能を備える建物を開発する。  立体換...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン