【Realnetレポート】2018年東京23区共同住宅供給予定
2017年10月11日 13時56分
no image
今後の共同住宅の供給予定について、弊社で収集している建築看板の情報より2018年に竣工予定の共同住宅をピックアップし、東京23区を区別で集計しました。 物件数が最も多いのは新宿区で、年間90物件。西新宿3丁目で24階建ての大規模複合施設が計画されています。 建築面積、敷地面積の平均が最大なのは北区です。桐ケ丘の大規模な都営住宅計画の影響で、2位の世田谷区と大きな差がついています。 平均階数が最も高いのは千代田区で、10階以上の物件が全体の8割近くを占めました。 港区では、複数のタワーマンションが計画されており、平均延床面積が最大、平均階数は千代田区、台東区に次いでトップ3に入っています。 ▼▼▼ 詳細はこちらよりご覧ください ▼▼▼