既存住宅購入、7割弱が「リフォーム済み」希望|R.E.port
2017年11月29日 11時07分
no image
 不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」を運営する(株)シースタイルは28日、「売却予定住宅のリフォーム」についてのアンケート調査結果を発表した。調査対象は住宅売却予定で同社サイトを利用した成人男女144人。  「中古(既存)住宅を購入するなら、リフォーム前とリフォーム済みではどちらが良いか」との問いでは、「リフォーム前の住宅」が31.8%、「リフォーム済みの住宅」が68.2%に。全体の約7割が「リフォーム済み住宅」を希望し、人気が高いことが分かった。  「リフォーム済み住宅」が良い理由については、「キレイ」が56.7%、「即入居できる」が53.7%、「リフォームする手間が省ける」が52.5%と多かった。  一方、「リフォーム前の住宅」が良い理由については、「好きな設備や間取りに変更できる」が53.2%と最も多く、「リフォームしていない分安い」が34.0%、「劣化状況が確認できる」が33.5%と続いた。  また、リフォーム予算については、「50万円未満」が26.6%で最多に。住宅をリフォームしてから売却を考える人の予算・費用の最多金額が50万円以上100万円未満だったことと比べると、購入希望者の方が財布のひもが固いことが分かった。  リフォームしたい場所については、1位は「キッチン」48.9%、2位は「バスルーム」43.1%、3位は「トイレ」37.9%と、水回りが上位に。「和室」「洋室」「リビング」「ダイニング」はいずれも10%未満と少数となった。 https://www.re-port.net/article/news/0000053997