地所レジ 戸建分譲にエネファーム標準採用|R.E.port
2017年11月30日 10時24分
no image
 三菱地所レジデンス(株)は29日、戸建分譲シリーズ「ザ・パークハウス ステージ」の全戸に家庭用燃料電池「エネファーム」を標準採用することを決めた。  対象地域は、東京ガス(株)の導管エリア内のガス供給区域。さらに、東京都内で販売する物件に対しては、停電時発電継続機能を内蔵したレジリエンスモデルのエネファームを原則採用していく。これにより停電時の発電継続期間は最長約8日間となるほか、停電時にエネファームが停止していたとしても、市販の蓄電池や発電機によって起動することができる。  同社では、JR中央線・東急田園都市線を中心に「ザ・パークハウス ステージ」シリーズの供給目標を年間約300戸としており、将来的に年間400~500戸の供給を目指す。当面は、11月に設計を開始した「(仮称)横浜市戸塚区前田町プロジェクト」を皮切りに、エネファームの導入を進めていく。 https://www.re-port.net/article/news/0000054012