三菱地所 広島市4棟目のオフィスビル着工|R.E.port
2017年12月1日 10時06分
no image
 三菱地所(株)は12月1日、オフィスビル「新広島ビルディング」(広島市中区)を着工する。  同ビルは「胡町」駅徒歩1分に立地。広島市中心部の主要道路である「相生通り」に面したオフィス中心地区に位置し、百貨店等商業施設が並ぶ商業機能の集積エリアにもなっている。鉄骨造地上14階建て、敷地面積1,088.23平方メートル、延床面積約1万1,500平方メートル。同市内では「広島パークビル」(1989年竣工)、「NHK広島放送センタービル」(94年竣工)、「広島鉄砲町ビル」(2009年竣工)に続く4棟目のオフィスビル開発となる。  基準階フロアは開放的な空間を確保。グリッド天井システムの採用により、自由度が高くレイアウト効率に優れた設計となっている。1階部分には商業店舗スペースを設け、1・2階を合わせてメゾネット形態での利用が可能。  また、災害への備えとして、建築基準法が定める耐震性を1.25倍上回る耐震設計としたほか、環境への配慮を意識した機能を導入し、省エネ・低炭素化にも貢献できるビルを目指す。日本政策投資銀行による「DBJ Green Building認証制度」で「極めて優れた『環境・社会への配慮』がなされたビル」として認証された。  竣工は19年10月末の予定。 https://www.re-port.net/article/news/0000054026