東京・練馬で“花と緑”の一戸建て販売開始|R.E.port
2017年12月4日 09時38分
no image
 (株)コスモスイニシアは、「青山フラワーマーケット」を経営する(株)パーク・コーポレーションの空間デザインブランド「parkERs(パーカーズ)とコラボレーションした新築一戸建て「グランフォーラム練馬富士見台」(東京都練馬区、総区画数8区画)の販売を、25日より開始した。  同物件は、西武池袋線「練馬高野台」駅徒歩7分、同「富士見台」駅徒歩9分に位置。高天井の開放的なリビングを採用した、全邸建物面積100平方メートル以上を確保。パーカーズコーディネートのタイルなどのインテリアを多彩なパターンから選ぶことができ、オリジナルのグリーン家具(有償)もセレクト可能。花と緑に包まれる心地良い暮らしを提案する。  第1期1次の販売は終了、第1期2次の販売は12月2日から。販売棟数は1棟で、間取りは3LDK+S(納戸)、延床面積は108.67平方メートル。販売価格は7,498万円。入居は2018年1月下旬の予定。  新築一戸建て「グランフォーラム練馬田柄」(東京都練馬区、総区画数15区画)においてもコラボレーションを実施。同物件は、東京メトロ副都心線・有楽町線「地下鉄赤塚」駅徒歩6分に位置。週末の「家族の時間」を重視し、ゆとりをもたらす住まいを提供する。  第1期1次の販売は12月2日から。販売棟数は4棟で、間取りは1LDK+2S(納戸)、2LDK+S(納戸)、延床面積は95.08~105.55平方メートル。販売価格は7,998万円・8,198万円。入居は18年1月下旬の予定。 https://www.re-port.net/article/news/0000054043