東急不動産他 東京・豊洲の都市計画が決定|R.E.port
2017年12月4日 09時42分
no image
 東急不動産(株)、(株)NIPPO、大成有楽不動産(株)は11月30日、東京都江東区豊洲五丁目で計画中の「(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画」の都市計画が決定したと発表。  同計画では、東京メトロ有楽町線「豊洲」駅徒歩4分という交通利便性・水辺に隣接する良好な環境を生かし、うるおいとにぎわいのある水辺のライフスタイル創出を目指す。  敷地面積約2万4,300平方メートルに、住宅棟(延床面積約14万5,000平方メートル、地上50階地下1階建て、約1,230戸)、生活利便施設棟(延床面積約1,600平方メートル、地上2階建て)、保育所棟(延床面積約1,400平方メートル、地上2階建て)を建設。入居者だけでなく、地域住民の生活環境向上に貢献する。  豊洲駅から水辺に至る導入空間として、広場機能を備えたプロムナードの整備をはじめ、水域や公園と連続する多様なオープンスペースを創出。地区全体で大規模な緑化を図るとともに、オープンスペースではエリアマネジメント活動も実施。入居者と地域住民が交流できるまちづくりを推進していく。  竣工は2021年度の予定。 https://www.re-port.net/article/news/0000054038