TDB調査 建設受注高2期ぶりの減少|R.E.port
2017年12月27日 09時05分
no image
 (株)帝国データバンクは25日、2017年度第2四半期「主要上場建設会社58社の受注・業績動向調査」結果を発表した。  主要上場建設会社58社のうち、単体の受注高が判明している43社の受注高合計は、5兆5,073億7,400万円(前年同期比4.8%減)。2期ぶりに減少に転じた。増加企業数は22社、減少企業数は21社とほぼ同数。  工事受注高の内訳(官・民)が判明している33社をみると、官公庁工事の受注高は1兆1,541億1,400万円(同29.4%減)。民間工事の受注高は、3兆3,206億9,400万円(同4.1%減)。官公庁は2期ぶり、民間は3期ぶりの減少に。増加企業数は13社に対し、減少企業数は20社だった。  上場建設会社58社の売上高総利益率(連結ベース)の平均は12.5%(同0.1ポイント低下)。ただし、利益率が低下しているのは総じて中堅以下のゼネコンで、「スーパーゼネコン」は利益率を伸ばしている。 https://www.re-port.net/article/news/0000054302