アキュラホーム ZEH+AI+IoTの住宅を提案|R.E.port
2017年12月27日 09時09分
no image
 (株)アキュラホームは、2018年春に開催する全国一斉フェアで、ZEH+AI+IoT機器導入による「MIRAI ZEH-NEO(ミライ ゼッチ‐ネオ)」を販売する。  太陽光発電7.25kWを標準搭載し、さらにオール電化住宅、省令準耐火構造の住宅を特別価格で販売する。加えて、KDDIが提供するホームIoTサービス「with HOME」を採用し、スマートスピーカーで音声で家電を操作できる環境を提案。その他室内の温度・湿度を管理できるマルチセンサーや、外出中に室内の様子を確認できるネットワークカメラ、外から照明や家電をコントロールするマルチリモコンなど、AI+IoT機器を紹介し、最新の住環境も提案する。  本体価格は、延床面積約112平方メートルで、1,840万円(税込み)から。フェアの開催期間は1月2日から3月31日。 https://www.re-port.net/article/news/0000054306