CRE系物流リート、2月7日に上場|R.E.port
2018年1月9日 10時14分
no image
 (株)シーアールイー(CRE)はこのほど、同社子会社CREリートアドバイザーズ(株)が資産運用を行なう「CREロジスティクスファンド投資法人」(以下、同投資法人)が、東京証券取引所不動産投資信託証券市場への上場承認を受けたと発表した。上場日は2018年2月7日の予定。  同投資法人は、物流施設を主な投資対象としており、物流不動産特化型管理会社のCREの強みを生かし、保有・運用の機能に特化して、物流関連施設の取得を行なっていく。投資エリアは70%以上が首都圏、30%以下がその他の方針。  公募が16万1,150口で、引受人の買取引受による売り出しが4万1,900口、オーバーアロットメントによる売り出しが1万153口。1月30日に価格決定の予定。  上場時のポートフォリオは、CREより取得した物流施設「ロジスクエア守谷」(茨城県守谷市、売却予定価格61億5,700万円)と「ロジスクエア鳥栖」(佐賀県鳥栖市、同28億8,000万円)を含め全4物件で、取得(予定)価格の合計は256億2,600万円。 https://www.re-port.net/article/news/0000054321