「和泊町(わどまりちょう)新庁舎建設事業」の起工式を執り行います(ニュースリリース) ■ 公民連携による公共施設整備|大和ハウス工業
2018年1月10日 17時27分
no image
 この度、大和ハウスグループである大和リース株式会社(本社:大阪市中央区、社長:森田俊作)は、鹿児島県大島郡和泊町(沖永良部島内)にて「和泊町新庁舎建設事業」の起工式を執り行いますので、下記の通り概要をお知らせいたします。 ■日 時:2018年1月11日(木)午前10時より(雨天決行) ■場 所:鹿児島県大島郡和泊町和泊7-2他(現 和泊町庁舎前) ■出席者:和泊町長、和泊町議会など 約100名 ■「和泊町新庁舎建設事業」について  本事業は建設から60年以上経過した現庁舎を新たに建て替える事業で、2016年6月に和泊町より民間のノウハウを活用したPFI的手法(BTO※方式)による公募型プロポーザル方式にて募集されました。  当社は和泊町が掲げる①「開放的で町民に親しまれる庁舎」②「町民の安心・安全を確保した庁舎」③「高度情報通信に対応できる庁舎」④「環境に配慮した庁舎」⑤「まちづくりの拠点となる庁舎」の5つの新庁舎建設の基本理念をもとに提案を行い、事業者として選定されました。 ■事業概要 事業名称:和泊町新庁舎建設事業 建設地:鹿児島県大島郡和泊町和泊27-2他 敷地面積:10,825.86㎡ 構造規模:鉄筋コンクリート造3階建 延床面積:3,634.48㎡ 整備概要:町役場庁舎、議場、駐車場、緑地 他 募集方法:公募型プロポーザル方式 事業者:わどまり結(ゆい)ファシリティーズ株式会社(SPC:特別目的会社) 代表企業:大和リース株式会社 構 成 員:株式会社渡辺組(建設)、株式会社九電工(設備工事)、日本コムシス株式会社(建設・通信工事) 協力企業:株式会社畠中設計(設計・工事監理)、日本管財株式会社(維持管理)、株式会社新協(建設、町内企業) 事業方式:BTO(※)方式 事業期間:15年間 契約額:約15億8812万円 工事竣工:2019年3月末(予定) ※BTO(Build Transfer and Operate)とは民間事業者が公共施設の建設を行い、完成後に施設の所有権を自治体に譲渡し、施設の管理・運営については引き続き行う事業方式 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000908.000002296.html