和田興産 分譲M販売は減収/18年2月期3Q
2018年1月11日 10時13分
no image
 和田興産(株)は9日、2018年2月期第3四半期決算(非連結)を発表した。  当期(17年3月1日~11月30日)は売上高284億3,900万円(前年同期比3.7%増)、営業利益30億5,100万円(同2.0%減)、経常利益24億6,600万円(同4.1%減)、四半期純利益15億2,100万円(同3.3%減)。  主力の分譲マンション販売は、販売戸数467戸(同11.4%減)、契約戸数511戸(同7.9%減)、引き渡し戸数545戸(同23.2%減)で、売上高223億4,800万円(同7.8%減)、セグメント利益22億9,500万円(同21.8%減)にとどまった。  戸建住宅販売は27戸を引き渡し、売上高9億3,700万円(同2.7%増)、セグメント損失1700万円(前年同期:セグメント損失300万円)を計上した。  次期は、売上高345億円、営業利益30億円、経常利益22億円、当期純利益14億円を見込む。 https://www.re-port.net/article/news/0000054344