三井不 川崎の商業施設を大規模リニューアル|R.E.port
2018年2月2日 09時18分
no image
 三井不動産(株)は、「三井ショッピングパーク ラゾーナ川崎プラザ」(川崎市幸区)の2回目となる大規模リニューアルを実施。3月20日より、新規・改装103店舗を順次オープンする。  同施設は、JR線「川崎」駅西口直結・京浜急行線「京急川崎」駅徒歩7分に位置。敷地面積は約7万2,000平方メートル、延床面積は約17万2,000平方メートル。店舗数は約330店舗で、店舗面積は約7万9,000平方メートル。  今回のリニューアルでは、神奈川県初出店となる人気の海外ブランド「lululemon」などが出店。話題性の高いショップが期間限定で入れ替わる「LAZONA POPUP STORE」を新たに導入する。  施設内の各所には、コミュニケーションロボットを設置。ユーザーニーズに合わせた情報をロボットが提供することで、施設内の回遊や購買行動にどのような影響を与えるか検証する。施設内のトイレには、各個室にドア開閉センサー、女性用トイレの待ち列にマットセンサーを設置。トイレの使用状況を液晶画面に表示するなど、利便性向上と施設業務の効率化を図る。  また、同社パパ・ママ社員の目線で立ち上げたプロジェクト「ママ with ラゾーナ」の第1弾として、子供が遊びながら親が休憩できるイートインスペースを5階に新設。3階にはベビー休憩室も設置するほか、従業員休憩所も拡大する。  駅前広場「ルーファ広場」には人工芝を敷設し、集い・憩いの空間とする。  そのほか、同社は北口西バス乗り場および北口通路(西側延伸部デッキ)のネーミングライツパートナー企業となるほか、北改札とラゾーナ川崎プラザをデッキで接続するなど、川崎市と連携して利便性強化を図っていく。  なお、秋には1階食物販ゾーン「グラン・フード」の全面リニューアルも行なう予定。 https://www.re-port.net/article/news/0000054595