UR都市機構 女性のための便利でおしゃれなUR賃貸住宅「UR COCOCHI」が東京23区エリアにて新プラン募集開始!「UR COCOCHI“mama”」は23区エリアに初登場!
2018年2月2日 15時27分
no image
独立行政法人都市再生機構(以下「UR都市機構」という。)は、UR都市機構の女性職員が開発した女性のためのUR賃貸住宅「UR COCOCHI(ココチ)」と「UR COCOCHI“mama”」を東京23区エリアと多摩エリアにて、新規募集開始いたします。 「UR COCOCHI」は、江東区の2団地を2月3日(土)から、足立区の「ハートアイランド新田一番街」を2月8日(木)から募集開始いたします。 そして、「UR COCOCHI“mama”」は、八王子市の「多摩ニュータウン南大沢学園二番街」を2月3日(土)から、23区では初めての供給となる世田谷区の「スクエアー世田谷桜丘」を2月24日(土)から募集開始いたします。 「UR COCOCHI」は、平成26年から埼玉エリアで供給を開始した「女性目線による心地よい暮らし」をコンセプトに、女性が住宅選びの際に重視する「水回り・収納・セキュリティ・カラーコーディネート」に関する改修を施したリノベーション住宅で、大変ご好評いただいており、この度、足立区にて初供給が決定いたしました。平成28年から神奈川エリアで供給を開始した「UR COCOCHI」シリーズである「UR COCOCHI“mama”」も同様にご好評いただいており、23区エリアに初登場いたしました。 1.住戸募集概要 「UR COCOCHI」住戸募集概要 「UR COCOCHI“mama”」住戸募集概要 ※プロジェクト概要は、下記UR都市機構「UR COCOCHI」サイトをご確認ください。 https://www.ur-net.go.jp/chintai/cocochi 2.「女性目線による心地よい暮らし」を提案 「UR COCOCHI」は仕事に、家事に、プライベートに忙しいアクティブな女性にとって「ワタシらしいココチよさ」を感じてもらえる住まいをイメージし、“女性に住んでもらいたい住宅”というコンセプトのもと、実際にUR都市機構で働く女性職員が企画した女性向け住宅です。女性が住宅選びの際、気になるポイントと言われている「水回り・収納・セキュリティ」を重視し、住宅の改修を行いました。また、インテリアの面においても、クロスのトータルコーディネートやアクセントクロスによるカラーコーディネートを行い、くつろぐことができる上質な空間に仕上げました。 「UR COCOCHI“mama”」は、「子育て世帯にやさしい空間と設備」をコンセプトに企画された「UR COCOCHI」シリーズの商品です。「UR COCOCHI」の改修項目に加え、浴室扉へのチャイルドロックや子供と一緒に使用できる広さを備えたキッチンなどの改修を行い、子供を持つ女性にとって子育てがしやすく、家族が心地よく暮らせる住宅となっています。 3.「UR COCOCHI」基本改修項目 ※改修項目につきまして物件の特性に応じて一部仕様が異なる場合がございます。​ 4.「UR COCOCHI“mama”」追加改修項目 ※改修項目につきまして物件の特性に応じて一部仕様が異なる場合がございます。 5.「UR COCOCHI」シリーズ住戸供給団地一覧    ※平成30年2月2日現在 ※団地名前に(◆)印が付いているものは「UR COCOCHI“mama”」供給団地です。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000015186.html