ケイアイスター不動産 規格型注文住宅「はなまるハウス」webサイトに対話型WEB接客ツール『SYNALIO』を導入致しました! ~お客様に合った最適な商品や、知りたい情報を即時にご提供致します~
2018年2月2日 17時58分
no image
 関東を中心に不動産の販売を行うケイアイスター不動産株式会社(本社 埼玉県本庄市、代表取締役 塙 圭二)は、株式会社ギブリー(本社 東京都渋谷区、代表取締役社長 井手 高志)が手掛ける対話型WEB接客ツール「SYNALIO(シナリオ)」のサービスを、弊社の規格型注文住宅専門サイト「はなまるハウス」に導入致しました。 ■背景  注文住宅のサイトは間取りや価格、構造など様々な要素があり複雑になりやすく、訪問したお客様が「知りたい情報がどこにあるか分からない」「欲しい情報を探すのが面倒」などの理由から目的を達成できず諦めてサイトから離脱してしまうというケースが多々あるのではないかと考えました。また、「他にも知りたいことがある」と思った場合、通常では「直接電話をかける」か、お問い合わせフォームから「メールをする」ことで回答を得ることが主流でした。しかし、電話やお問い合わせの対応には、店舗スタッフが有人で対応する必要があり、定休日及び営業時間外にはタイムラグが生じてしまい、お客様が知りたい時に即座に回答を得ることが困難でした。  導入した「SYNALIO(シナリオ)」は、事前に設計した「サイト訪問からコンバージョンまでの対話シナリオ」に基づいて、お客様と会話することで最適な情報や商品を提案するチャットボット型のWEB接客ツールです。  事前にお客様が質問すると想定される内容をチャットボットに設定することで、お客様の求めている情報があるページへの案内や、チャットボット内でお客様の疑問に即座に回答することができます。お客様は欲しい情報を、ストレスを感じることなく得ることができ、対象の商品を検討できるものかどうかを即座に判断できるようになります。  他にも、「SYNALIO(シナリオ)」は、特定の質問への回答だけでなく、お客様が入力したフリーワードの質問にもキーワードを通して回答することが出来たり、お客様が入力した質問内容を管理画面から随時把握することが出来るので、お客様のニーズを把握することにも繋がります。回答できなかった質問に対しては随時回答の追加を行い、特に要望の多い内容には新たにページを作成するなど、お客様の求める情報をすぐに見てもらえる分かりやすいサイトを目指していきます。 ■はなまるハウスとは 『無理しない。でも、妥協しない』をコンセプトにした規格型注文住宅です。 100パターン以上の間取りの中からお客様ご自身に合ったものを選んで頂くスタイルで、27坪870万円など、定額制で分かりやすい料金設定にしています。現在、群馬7店舗・栃木2店舗・福岡4店舗・千葉2店舗の全15店舗で展開中。3月には埼玉県熊谷市への出店も見込んでいます。 はなまるハウスHP:https://870house.jp/index.php https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000029869.html