帝国データバンク 全国社長年齢分析、不動産業がトップ|R.E.port
2018年2月5日 09時27分
no image
 (株)帝国データバンクは31日、「2018年全国社長年齢分析」結果を発表した。18年1月時点で同社が保有する企業概要データベース約147万社から社長の年齢データを抽出、分析した。  社長の平均年齢は59.5歳(前年比0.2歳増)と、過去最高を更新。1990年以降上がり続け、90年から5.5歳上昇している。  業種別では、「不動産業」が61.5歳でトップ。他業種と比べ、70歳代(全体の21.4%)、80歳以上(同7.6%)の割合が高く、平均年齢を押し上げた。2位は「製造業」(60.9歳)、3位は「卸売業」(60.5歳)。  社長の平均年齢を業種細分類別にみると、「貸事務所業」(65.47歳)が最も高く、「土地賃貸」(65.34歳)がこれに続き、「貸家業」(63.99歳)が7位に入るなど、不動産関連業が多かった。元号別でみても、「大正生まれ」のシェアトップに「貸事務所業」(10.05%)、2位に「貸家業」(4.60%)、4位に「不動産代理・仲介」(2.18%)が入るなど高齢経営者が目立った。  その反面、「平成生まれ」の2位に「不動産代理・仲介」(3.94%)、10位に「建物売買」(1.43%)が入るなど、若手の起業や代替わりなども目立っている。 https://www.re-port.net/article/news/0000054613