野村不UN 不動産の売り時感、やや上昇|R.E.port
2018年2月6日 09時32分
no image
 野村不動産アーバンネット(株)は5日、14回目となる「住宅購入に関する意識調査」結果を発表した。同社の不動産情報サイト「ノムコム」会員に半年ごとにインターネットアンケートを実施しているもの。今回は1月12~18日に実施、有効回答数は1,555人。  不動産の買い時感について、「買い時だと思う」(10.2%)、「どちらかと言えば買い時だと思う」(29.7%)を合わせた39.9%(前回比1.2ポイント減)が「買い時」と回答。一方、「買い時だと思わない」は38.9%(同1.3ポイント増)となった。  「買い時」だと回答した人にその理由を聞いたところ、「住宅ローン金利が低水準」が71.5%(同0.8ポイント増)でトップに。次いで、「今後、消費税の引き上げが予定されている」が50.2%(同7.2ポイント増)に上昇した。  今後の不動産価格については、「横ばいで推移する」が34.5%(同3.0ポイント増)と最も高く、「上がる」は23.1%(同0.2ポイント増)。「下がる」は32.0%(同2.4ポイント減)となった。  不動産の売り時感は、「売り時だと思う」(20.3%)、「どちらかと言えば売り時だと思う」(56.8%)を合わせた77.1%(同1.3ポイント増)。売り時だと思う理由のトップは、「不動産価格が上がったため」が57.5%(同9.8ポイント増)に上昇。前回最も回答が多かった「今なら好条件での売却が期待できるから」(48.1%)を上回った。 https://www.re-port.net/article/news/0000054628