法政大学 江戸東京研究センター設立記念国際シンポジウム 「新・江戸東京研究~近代を相対化する都市の未来~」 2月25日(日)市ヶ谷キャンパスで開催
2018年2月7日 09時05分
no image
法政大学江戸東京研究センターでは、市ヶ谷キャンパス(東京都千代田区)で2月25日(日)に設立記念国際シンポジウム「新・江戸東京研究~近代を相対化する都市の未来~」を開催いたします(参加費無料、要事前申込)。 このたび、江戸東京研究の先端的・学際的拠点として「江戸東京研究センター」が設立されました。本学の「国際日本学研究所」と「エコ地域デザイン研究センター」の協力で生まれた文理融合の研究組織です。 1980年代に提唱された従来の「江戸東京学」を現代的視点で乗り越え、都市東京のユニークな特質を生み出す基層構造を解き明かし、西洋型の都市モデルとは異なる、21世紀に相応しい都市の在り方を探究することにあります。 国内外の様々な分野の専門家とともに、江戸東京の歴史から学び、そこに蓄積された知恵、資産の価値を新たな視点で掘り起こし、日本発の近未 来都市像を描き出すことを目指したいと思います。 【開催概要】 ■日時 2018年2月25日(日)10:00~19:00 (開場 9:00) ■会場 法政大学市ヶ谷キャンパス 外濠校舎7階 薩た※(さった)ホール (東京都千代田区富士見2-17-1) 飯田橋駅または市ヶ谷駅徒歩10分 ※「さった」の「た」は土へんに垂 ■プログラム: <午前の部> 10:00~12:00 新・江戸東京研究の展望 陣内 秀信(法政大学江戸東京研究センター長) 基調講演 ヒューマニズムの建築を目指して 槇 文彦(建築家) 基調講演 「川向こう」をめぐる断想 川田 順造(人類学者) <午後の部> 13:00~19:00 Session 1 13:00~ 江戸東京のモデルニテの姿 - 自然・身体・文化 - チエリー・オケ(パリ・ナンテール大学・哲学)、ローザ・カーロリ(ヴェネツィア大学・日本学) モデレーター:安孫子 信(法政大学文学部教授・哲学) Session 2 15:00~ 江戸東京の巨視的コンセプト Post-Western/Non-Western パオロ・チェッカレッリ(フェラーラ大学・都市計画)、ロレーナ・アレッシオ(トリノ工科大学・建築)、ホルヘ・アルマザン(慶應義塾大学・建築) モデレーター:北山 恒(法政大学デザイン工学部教授・建築) Session 3 17:00~ 水都の再評価と再生を可能にする哲学と戦略 リチャード・ベンダー(カリフォルニア大学バークレー校・都市計画・建築)、アントネッロ ボアッテイ(ミラノ工科大学・都市計画)、高村 雅彦(法政大学デザイン工学部教授・都市建築史) モデレーター:陣内 秀信 ■参加 入場無料、要事前申込 申込専用URL: https://www.event-u.jp/fm/10867 https://www.atpress.ne.jp/news/149033