都鑑定協、杉並区と住家被害認定調査等の協定|R.E.port
2018年2月7日 09時15分
no image
 (公社)東京都不動産鑑定士協会はこのほど、杉並区と「災害時における住家被害認定調査等に関する協定」を締結した。  平成28年熊本地震の発災に際し、南阿蘇村にて行った住家被害認定調査等の支援活動の経験を生かし、首都直下型地震に備え、り災証明書発行に必要な住家被害認定調査業務および区民からの相談等について、災害時および平時より協力するために連携するもの。災害時の住家被害認定調査員派遣業務、り災証明書について区民からの相談に関する業務、平時の住家被害認定調査に関する研修会への相互参加などを行なう。  これまで、江戸川区、西東京市、品川区と同様の協定を結んでおり、今後もその数を増やしていく方針。 https://www.re-port.net/article/news/0000054646