安心R登録2団体目はリノベ住宅推進協議会|R.E.port
2018年2月7日 09時23分
no image
 (一社)リノベーション住宅推進協議会はこのほど、「安心R住宅制度(特定既存住宅情報提供事業者団体登録制度)」に事業団体として登録された。同制度2団体目の登録となる。  「安心R住宅」は、既存住宅流通の活性化に向け、消費者が「住みたい」「買いたい」と思える既存住宅を選択するための環境整備を目的に国土交通省が創設した標章。同標章の使用について事業者が遵守すべきルールを設定し、傘下事業者を指導監督する団体を登録するもので、2018年4月より施行する。  傘下事業者は、要件に合致した住宅について、団体の基準やルールに則って広告販売時に標章を付与できる。  同協議会は、従来より優良なリノベーションの基準である「適合リノベーション住宅(R住宅)」を推進しており、今後は「安心R住宅」制度も推進していくことで、既存住宅のさらなる活性化に寄与する考え。  制度開始に先立ち、両制度に関する説明会を、東京や札幌など全国9都市で開催する。会場や日程は、ホームページを参照。 https://www.re-port.net/article/news/0000054638