スターツ18年3月期第3Q 営利154億9,900万円|R.E.port
2018年2月9日 09時17分
no image
 スターツコーポレーションは8日、2018年3月期第3四半期決算(連結)を発表した。  当期(17年4月1日~12月31日)は、売上高1,217億4,400万円(前期比10.7%減)、営業利益154億9,900万円(同0.8%増)、経常利益156億8,700万円(同0.3%増)、当期純利益104億4,000万円(同3.8%減)であった。  建設事業は、売上高347億9,300万円(同0.1%増)、営業利益53億6,500万円(同2.5%増)、受注残高は768億100万円(同4.3%増)  賃貸仲介事業は仲介手数料・更新手数料が堅調に増加、法人取引の拡大も図り、売上高40億4,300万円(同5.8%増)、営業利益7億8,900万円(同28.2%)。  売買仲介事業は、仲介手数料が堅調に伸び、売上高41億5,200万円(同10.4%増)、営業利益13億4,000万円(同45.3%増)に。  不動産管理事業は、大規模な営繕工事等によるメンテナンス売り上げが増加したことなどから、売上高538億3,500万円(同8.5%増)、営業利益66億3,000万円(同16.2%増)であった。  通期は、売上高1,660億円、営業利益203億円、経常利益203億円、当期純利益137億円を見込む。 https://www.re-port.net/article/news/0000054673