松堀不動産 エリア初!オンライン内見とIT重説のサービスを同時にスタート 待ち時間なし、来店不要で内見と重要事項説明ができます
2018年3月1日 12時03分
no image
松堀不動産は2018年3月1日より、お客様と社員の端末を繋いだ「オンライン内見」と、Webを利用した重要事項説明「IT重説」を全店舗で開始します。 株式会社松堀不動産(本社:埼玉県東松山市 代表取締役社長:堀越宏一)は、お客様と社員の端末同士を繋ぎ、来店することなく室内を確認いただけるオンライン内見サービスと、重要事項説明(以下重説)をWeb上で可能とする「IT重説」を2018年3月1日より開始します。 これまでお客様と宅地建物取引士が対面で行うことが義務付けられていた重説が、ウェブ会議システムとスマートフォン用アプリにより離れた店舗や、自宅や職場からでも可能になります。 創業から40年、不動産総合企業として地元に根ざした営業と地域活性化に取り組んできた松堀不動産。地元の企業と協力し、コストダウンを実現しながらもデザイン性と機能性の高い新築一棟アパート「アルメゾン」(http://arumaison.matsubori.co.jp)シリーズの提供をはじめ、一人親家庭や高齢・低所得者層、学生が初期費用負担なく入居可能な「楽ゾウプラン」や、未就学児の子育て世帯を対象とした地域最大級の無料屋内型プレイランド「あるゾウランド」(http://www.aruzo-navi.net/aruzoland/top.html)はその取り組みのひとつです。 今回はお部屋探しになかなか時間の取れない子育て世帯や、遠方から進学される学生の方、また店舗に足を運ぶことの難しい高齢者の方に向け、これらのサービスを地域に先駆けて取り入れました。 オンライン内見とIT重説の導入によって、以下のような利点がございます。 ・取引における地理的な制約からの解放 ・お客様における時間コストの縮減 ・弊社における書面発行や事務手続き上の費用の縮減 ・お客様がリラックスして説明が受けられる ・IT化することでお客様にとってより分かりやすい重要事項説明の取り組みが可能に 弊社では、お客様のお部屋探しがより便利かつ気軽に実現できるような、先進的なサービスを導入し、かつ効率化により社員の負担軽減も実現できるよう、今後も取り組んでいく所存です。 株式会社松堀不動産 http://www.matsubori.co.jp https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000032096.html