再開発組合など 「本厚木」駅の市街地再開発事業を着工|R.E.port
2018年3月2日 09時18分
no image
 本厚木駅南口地区市街地再開発組合、三菱地所レジデンス(株)、(株)フージャースコーポレーションは1日、「本厚木駅南口地区第一種市街地再開発事業」(神奈川県厚木市)を着工した。  同事業では、駅前広場面積を3,460平方メートルから約4,270平方メートルへ拡張。安全で快適な歩行環境の向上、交通結節点の機能強化を目指す。  併せて、商業・業務・住居の複合開発事業を実施。敷地面積約2,400平方メートル、延床面積約2万4,400平方メートル、鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)地上22階地下2階建てを開発。地下1階に市営駐輪場等、1~3階には金融機関、医療施設、飲食店等を誘致する予定。  4~22階は、内廊下を採用した総戸数163戸の分譲マンション。間取りは2LDK~3LDK、専有面積は約55~110平方メートル。角住戸率約46%を確保、ワイドスパン住戸を数多く配置した計画とする。制振構造を採用し、屋上には花火大会等が見渡せるスカイデッキを設置する予定。  2018年秋頃モデルルームオープン、同年冬頃に販売を開始。竣工は20年11月の予定。 https://www.re-port.net/article/news/0000054884