阪急不、非対面決済サービスを導入|R.E.port
2018年3月6日 09時28分
no image
 阪急不動産(株)は2日、(株)エスクロー・エージェント・ジャパン(東京都千代田区、代表取締役社長:本間英明氏)が提供する非対面決済サービス「H’OURS(アワーズ)」の導入について、業務提携契約を締結したと発表した。  H’OURSは、エスクロー会社と司法書士が連携し、必要な事務手続きなどを決済日より前に行ない、決済代金を信託口座に保全することで、関係者の立ち会いなしで決済できる仕組み。決済日は必要書類を確認次第、口座から送金を行ない、同時に司法書士が法務局で登記を申請する。  これにより、顧客の利便性およびコスト効率を高めることができ、また、同社の従業員の業務負荷を軽減できるとしている。 https://www.re-port.net/article/news/0000054920