西武グループの駅チカ賃貸住宅ブランド「emilive(エミリブ)」 5号物件完成 「エミリブ鷺ノ宮」 3月23日(金)より入居開始|西武プロパティーズ
2018年3月6日 10時09分
no image
テキスト西武鉄道株式会社(本社:埼玉県所沢市、取締役社長:若林 久)が保有し、株式会社西武プロパティーズ(本社:埼玉県所沢市、取締役社長:上野 彰久)が企画開発・運営管理を行う賃貸住宅「エミリブ鷺ノ宮」において、2018年3月23日(金)より入居を開始いたします。 エミリブシリーズ5号物件となる「エミリブ鷺ノ宮」は、西武鉄道新宿線「鷺ノ宮」駅徒歩3分に位置し、多様なニーズに対応する1K~3LDKの間取りで構成された地上10階建て、総戸数70戸のセキュリティーに配慮した エリアトップクラスの良質賃貸住宅です。妙正寺川や豊かな自然に恵まれた環境であることから、ファミリーや子育て世代の方にお住まいいただける2LDK住戸、3LDK住戸(計41戸)を中心に設定しています。 また、1階には近隣にお住まいの方にもご利用いただける西武レクリエーション株式会社(本社:埼玉県所沢市、取締役社長:藤井 拓巳)が企画・運営する、新業態の小型フィットネスクラブ「西武フィットネス emifit(エミフィット)鷺ノ宮」を併設しており、周辺住環境における生活利便性の向上をはかります。 西武グループでは、グループ保有資産の有効活用の推進をはかるとともに、利便性と安全性に優れた賃貸住宅の供給を通じて沿線の魅力向上と沿線人口の増加につなげることを目的に、2013年に駅チカ賃貸住宅の第1号物件となる「エミリブ下落合」を開業いたしました。今回の「エミリブ鷺ノ宮」の完成により「エミリブシリーズ」は西武線沿線で計5ヵ所(総戸数518戸)となります。 これからも良質な住環境の供給を通じて、西武線沿線にお住みいただく”きっかけ”をご提供するとともに、永く住み続けていただける魅力あるまちづくり、沿線の価値向上に努めてまいります。  「エミリブ鷺ノ宮」の概要は別紙のとおりです。 http://www.seibupros.jp/news/2018/emilive-3.html