シノケングループ 機関投資家向けアパートファンドを組成|R.E.port
2018年3月7日 09時18分
no image
 (株)シノケングループはこのほど、機関投資家向けアパートファンドの組成を決定、不動産ファンド事業に本格進出する。  同社では主に個人の顧客にアパート商品を販売してきたが、機関投資家からも要望が寄せられたことから、東京23区内に所在するアパート21棟に投資する「HTT-1号ファンド」の組成を決定した。  ファンド総額は30億円。今回のファンド立ち上げを契機に(株)シノケンアセットマネジメントを設立し、ファンドの投資家向けにファンド試算の管理等のサービスも提供していく。  今後は個人向け小口投資ファンドや不動産担保型のローンファンド等、さまざまなコンセプトのファンドを毎期30億~50億円規模で組成していく計画。 https://www.re-port.net/article/news/0000054932