トクラス 中国における浄水器・システムキッチン事業拡大 上海に新事業所を設立
2018年3月7日 17時02分
no image
トクラス株式会社(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:佐々木 良)は、中国における浄水器・システムキッチン事業の拡大を目指し、上海市中心部の徐匯(シューフイ)区に新たに事業所を設立。3月より上海を中心とする華東地域の営業を強化いたします。 当社は、2011年、中国寧波(ニンボー)市に現地法人「寧波托客楽思家居科技有限公司」を設立。以来、浄水器・システムキッチン・その他建材等の製造・販売を行ってまいりました。現地の実情に即した商品開発を行うことで支持を広げ、設立から約7年で、浄水器販売代理店約150社(約220箇所の代理店ショールーム)、システムキッチン販売代理店3社(3箇所の代理店ショールーム)を展開しています。(2018年3月現在) 今回、上海に新拠点を設けることで、代理店の開拓・サポートを更に強化し、3年後には浄水器で約400社、システムキッチンで約20社程度まで代理店販売体制の拡大を目指します。 また、6月には、現地法人のある寧波市に、中国における初の自社ショールームオープンを予定しています。約300㎡のスペースに、キッチン・浄水器・洗面化粧台・建材等展示を行う総合ショールームとなります。 【中国における浄水器・システムキッチン事業概要】 ・浄水器事業 総合浄水器メーカーとして、生活用水から飲用水まで家全体の水をキレイにする「家庭用水の浄水ソリューション事業」を展開しています。現地の環境に合わせて20種類以上の浄水器を取り扱っています。 ・システムキッチン事業 中国で販売しているシステムキッチン 中国で販売しているシステムキッチン 日本のキッチンならではの機能性の良さや、中国市場にはない当社独自の人造大理石シンク、現地のニーズに応えたデザイン性で、ご支持いただいています。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000026298.html