三井不、台湾で2つ目の直営ホテル開発|R.E.port
2018年3月8日 09時30分
no image
 三井不動産(株)は7日、台湾における2物件目の直営ホテル事業「(仮称)中山忠孝ホテル」(台北市、総客室数350室)への参画を発表した。  オフィス・公共施設等の建設工事を行なう台湾企業「豪昱(ごうよ)営造股份有限公司」が設立したプロジェクト会社「金毓泰(きんいくたい)股份有限公司」が開発する建物の一部を三井不動産が賃借、アッパーグレードの宿泊主体型ホテルとして運営する計画。  新幹線や在来線、MRT等5路線が利用できる「台北」駅より徒歩3分に立地。台北松山空港からも車で15分でアクセスでき、台湾国内の顧客のみならず、観光・レジャー目的で訪れる日本・香港・東南アジアなどからの観光客の利用を見込んでいる。  敷地面積約3,800平方メートル、地上18階地下5階建て。ホテルは1階の一部および6~18階に入居する。開業は2022年を予定している。 https://www.re-port.net/article/news/0000054949