東急コミュニティー 大規模改修工事でスマートロック等を導入|R.E.port
2018年3月9日 09時19分
no image
 (株)東急コミュニティーは、マンションの大規模改修工事で、スマートロックおよびオートエントランス開錠システムを試験導入する。  大規模改修工事の際、作業員は入館時に、管理組合から共用エントランスの鍵を借用していたが、(株)ライナフのスマートロック「NinjaLock」およびオートエントランス解錠システム「NinjaEntrance」を導入する。共鍵の紛失リスクを防ぐほか、開錠可能者および開錠時間の限定を行ない、セキュリティ向上につなげる。エントランス付近に指定の機器を設置すると、「自動音声開閉」「アプリ開錠」「近距離自動開錠」などが可能となる。  3月着工予定の川崎市のマンション大規模改修工事で初採用し、検証を実施。他マンション工事への展開や、工事以外の活用方法など検討していく。 https://www.re-port.net/article/news/0000054962